Gameライフ

ゲーム関係の最新情報や面白ネタなどをまとめて掲載していきます。

    カテゴリ: eスポーツ



    (出典 cdn.japanesecasino.com)



    1 名無しさん必死だな :2018/06/08(金) 18:19:44.06 ID:+upxXop40.net

    大手ゲーム会社など21社がJeSUの正会員に、任天堂はeスポーツに参入するか
    https://news.nifty.com/article/technology/product/12110-63906/

    >日本eスポーツ連合(JeSU)は6月6日、ゲーム会社や大会、イベントの運営会社など21社が正会員として加盟したと発表した。
    >大手ゲーム会社が多数加わっているものの、現在人気を博している家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を手掛ける任天堂は入っていない。

    >加盟した企業は、SNK、カドカワ、カプコン、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、グリー、コーエーテクモゲームス、
    >コナミデジタルエンタテインメント、コンピュータエンターテインメント協会、CyberZ、SANKO、
    >サードウェーブ、スクウェア・エニックス、セガホールディングス、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ディー・エヌ・エー、
    >日本オンラインゲーム協会、日本マイクロソフト、バンダイナムコエンターテインメント、ミクシィ、ユービーアイソフト、RIZeST。


    【【連合】日本eスポーツ連合(JeSU)にカプコンやスクエニなど大手が加盟!21社が正会員に】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)15:30:12 ID:BwB

    あんなんゲーマーでもそのタイトルのこと知らないと試合見ても面白くないし
    なんも知らん一般人が見て面白いはずないのに「理解がない」とか「日本は遅れてる」って方向に持ってく奴が多すぎるわ


    【ゲーム好きだけど「eスポーツ」を認めさせようとする流れって何なの??】の続きを読む



    (出典 vab.xsrv.jp)



    1 名無しさん必死だな :2018/06/02(土) 08:04:58.46 ID:t/Ut+sAEM.net

    国内トップレベルのe-sportsチーム 「DetonatioN Gaming」に 1年間所属してみた。
    https://yushipon.hatenablog.com/entry/2018/06/01/194306

    最初のDNGのShadowverse部門メンバー募集の際に、最終選考まで残り面識があったのもあり、配信が伸びてきているというところに着目していただき3人目のメンバーとして入れて頂けないかと掛け合いDNGに所属まで至りました。
    (中略)
    チームに加入してから約半年間の番組出演料を滞納され、そこから半年間分の出演料も未納のままでした。
    そのことを言及する度、経理がいないだとか言われてあしらわれて、いざ経理から連絡来たかと思えば滞納という言い方は穏やかではない、と本質から逸らされ謝罪などもない。
    滞納以外の何事なのか。
    こちらは言われたことは守り、忠実にこなしてきたというのに。
    そんな憤りすら覚えました。
    社会的に最重要ともいえる金銭的な部分を曖昧にされ、そんな状態になった時点で信用は0でした。
    その頃から、仕事を探して働き始めましたがプロゲーマーをしていたなんてゲーム業界でも経歴に値せず、苦労しました。


    https://twitter.com/Umezaki_CEO/status/1002545018265980930
    梅崎 伸幸(Umezaki)? @Umezaki_CEO

    諸々確認をしましたが、Yushi氏のブログについて記載があったことは事実であります。
    経理関係が上手く機能できていなかったことも原因の一つです。
    本日中に原因と現状、そして対策についてDNGの公式より出させて頂きます。
    Yushi氏並びにファンの皆様にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます

    https://twitter.com/Umezaki_CEO/status/1002546059535503360
    このようなことが起こらないように、現状9名いるチームスタッフの増員をし、マネジメント及び経理関係の管理を強化します。
    私の不徳の致すところで申し訳ありません。早急な対応をおこないます。


    【【e-sports】プロゲーマー様、給料未払いで発狂www】の続きを読む



    (出典 www.4gamer.net)



    1 3倍理論 ★ :2018/05/08(火) 20:11:19.82 ID:CAP_USER9.net

    暗闇の中、観客が固唾をのんで見守っていたのは、4日に行われた、eスポーツの大会「eJ.LEAGUE」の決勝ラウンド。
    主催したのはJリーグで、予選を勝ち抜いた18歳から34歳の15人の選手たちが、その技を競った。

    優勝者は「eWorld Cup」の世界予選に進出

    市販されているサッカーゲームをプレーして勝敗を争うこの大会。
    優勝者は、あのFIFA(国際サッカー連盟)が主宰する「eWorld Cup」の世界予選に進めるとあって、その表情は真剣そのものだ。

    世界で、約1億人がプレーしているといわれる、eスポーツ。日本でも、専用の施設が続々とオープンするなど、人気は高まりつつあるが、なぜJリーグまで参入するのか。

    Jリーグ・村井 満チェアマンは、「リアルなサッカーとか、体を動かすスポーツに関心を持っていただく方が増えればという思いが率直にあった。サッカーの楽しみを、多くの人にふれてもらいたい」と話した。

    ここ数年、スタジアムの入場者数が右肩上がりを続けるなど、好調のJリーグ。ネットのゲームを通じてPRすることで、世界のサッカーファンや老若男女など、さらに幅広い世代を取り込む狙いがある。

    高額賞金の獲得も

    今回優勝したのは、26歳のかーる選手。ちなみに今大会、優勝賞金はないが、本戦で勝ち進めば、高額賞金の獲得も夢ではない。
    かーる選手は、「今まで、FIFAの世界大会では、決勝トーナメント初戦敗退が最高の成績。その成績を上回れるように、頑張りたいと思います」と話した。

    今後は、女性のeスポーツプレーヤーの発掘・育成など、新たな取り組みにも意欲を見せる、Jリーグ。
    開幕から25年の節目を迎え、日本サッカー界のさらなる挑戦が始まる。

    https://www.fnn.jp/posts/00307460HDK


    【【サッカー】市販のサッカーゲームでFIFAの世界大会が始まる!!【eスポーツ】】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-116.fc2.com)



    1 金魚 ★ :2018/03/01(木) 12:38:57.60 ID:CAP_USER9.net

    eスポーツプレイヤーのプロライセンスも誕生
    eスポーツは、米国や韓国など世界では人気が急上昇している。それに反して国内でのeスポーツは、まだ扱いは小さく、認識も曖昧だ。

    そんな中、2月には国内でも、一般社団法人日本eスポーツ連合(Japan esports Union、JeSU)が設立された。
    JeSUでは、eスポーツプレイヤーのプロライセンス発行など、段階的に取り組んでいくことが発表されている。
    また今秋開催の「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」でも、eスポーツへ注力することも発表されている。

    eスポーツは、画面を見つめながらコントローラーやキーボードを操作するだけなのに、それが、なぜスポーツなのか? と疑問を持たれる方も多いようだ。

    この誤解を生んでいる理由の1つが、英語「sport」の翻訳の仕方だ。

    日本では、「sport」を、一般的に「運動」と訳すことが多い。このため、汗をかく肉体的な競技のことを指すと考えられてしまう。
    しかし、スポーツには、運動だけなく「楽しむ」「競技」の意味がある。
    そのため、欧米ではチェスはマインドスポーツだし、ビリヤードも屋内スポーツと認識され、自動車レースは、
    自動車をコントロールする競技「モータースポーツ」とも呼ばれている。
    また、アーチェリーやクレー射撃のように道具の操作を競う競技も、すでにオリンピックにも存在している。

    eスポーツで闘うためには、長時間の集中力やそれを生み出すための体力、そして反射神が必要とされる。このため単にゲームで遊ぶ行為とは異なり、
    本格的な肉体トレーニングも必要となるのだ。

    実際のeスポーツとはどんなものなのか?素朴な疑問から探ってみよう。

    ■どんなゲームをやるの?eスポーツで競技されるゲームにはさまざまな種類があるが、多いのは、

    ・「FPS」と呼ばれる一人称のシューティングゲーム
    ・「RTS」と呼ばれる、戦略型のリアルタイムゲーム

    いずれも、パソコン向けゲームが主流だ。それ以外にも、ストリートファイターのような、おなじみの格闘ゲームや、
    ウイニングイレブンなどのサッカーゲームで対戦するイベントもある。

    ■特別なハードウェアが必要なの?

    eスポーツでは、キャラクターの動きや相手の操作に合わせて、数十分の1秒といった緻密な操作が必要とされる。
    そのため、反応速度の良いキーボードやマウスが必要とされる。

    スキーなどのように、eスポーツでも専用のハードウェアを扱うメーカーもあり、契約メーカーのハードウェアを使用するプレイヤーもいる。
    サッカー選手が契約メーカーのシューズを履くのと同じことがすでに起きているのだ。

    ■どうやったらプロになれるの?

    これまでのプレイヤーは、メーカーとの契約などを経てプロ選手となっていた。

    これに対して、一般社団法人日本eスポーツ連合の発行する「プロライセンス」が新たに登場する。
    このプロライセンスは、同連合が公認する大会で優秀な成績を収めたプレイヤーに発行されるものだ。

    しかし現状では、まだ定義の曖昧さなどを指摘する声も多く、今後の動向が注目されている。

    ■eスポーツで生活していけるの?

    海外のeスポーツの大会では、賞金総額が20億円になる大会もあるなど、高額な賞金が設定されるイベントもある。
    プロのプレイヤーとして、メーカーと広告契約を結んだり、企業の運営するチームに参加したりすることで、収入を得ることが可能だ。


    日本は世界的にゲーム大国と言われてきた。
    しかし、eスポーツにおいて、社会の認識も、環境も、大きく世界から遅れているのが現状だ。

    昨年末に、ようやくオンラインゲーム・eスポーツ議員連盟が設立されたが、制度や運営については、まだこれからといったところだ。

    一方、世界では、2022年に中国・杭州で開催予定のアジア競技大会で、eスポーツが正式にメダル種目として決定されるなど、
    eスポーツ普及の流れは急速かつ確実に世界で広がっているのだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14351314/


    【【話題】世界中で人気のeスポーツはスポーツなのかゲームなのか議論を巻き起こしている!】の続きを読む



    (出典 img.u-note.me)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/01(木) 18:55:18.60 ID:oixN8nWv0●.net BE:194767121-PLT(13001)


    (出典 img.5ch.net)

    格闘技やサッカーのゲームで対戦し腕前を競う「eスポーツ」にプロ制度を確立しようと、新たな国内団体「日本eスポーツ連合」が1日発足した。eスポーツは五輪種目への
    採用が期待される競技の一つ。日本では「ネトゲ(インターネットゲーム)依存症」とやゆされるなどプレーヤーへの偏見も強いが、同連合は新たなスポーツとして普及させたい考えだ。
     eスポーツ先進国の米国や韓国は億円単位の賞金が出るゲーム大会も多く、プレーヤーが職業として定着し、野球選手と同様に子供たちの憧れの的という。同連合の
    岡村秀樹代表理事(セガホールディングス社長)は1日、「地位向上の第一歩だ」と語った。

    https://this.kiji.is/331730112969475169?c=39546741839462401


    【【ニュース】五輪にゲーム競技だと…!?「日本eスポーツ連合」を発足】の続きを読む

    このページのトップヘ