Gameライフ

ゲーム関係の最新情報や面白ネタなどをまとめて掲載していきます。



    (出典 psyzans.com)



    1 名無しさん必死だな :2017/12/06(水) 21:06:30.76 ID:UbUaOTsu0.net

    子供にどう説明するんだ!


    【【ドラクエ】ゆうべは おたのしみ でしたね ←CEROAでこれはアカンだろ!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/10/01(月)20:12:40 ID:X8V

    イギリスでのFIFA19の売り上げ

    PS4 399,000
    XBO 218,000
    NSW 6,000


    【【悲報】ニンテンドースイッチさん、世界進出の結果がとんでもなかったwww】の続きを読む



    (出典 gamingsym.com)



    1 名無しさん必死だな :2018/10/01(月) 23:04:22.19 ID:/O6lxQK10.net

    進化していく「オープンワールド」。さらなる自由を提示した「ゼルダの伝説 BOW」を経て、「RDR2」はどんな世界を見せてくれるのか?
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1136794.html
    オープンワールドゲームは「ゼルダの伝説 BOTW」という挑戦状から無関係ではいられない。
    「RDR2」でどのようなオープンワールドを見せてくれるか、期待したいところだ。

    狩りや生活、荒野の旅……「ゼルダの伝説 BOTW」は旅や冒険を密接にゲーム性と結びつけていた。
    「RDR2」はこの時代の人間、そして無法者達の生き様をゲームとして、オープンワールドとして表現していく。
    それはシミュレーションゲームの様に餓死や病死などもあり得るシビアなものとなるのか、
    それとも西部劇の人間になりきれるロールプレイが楽しめるバランスとなるのか、気になるところだ。

    「ゼルダの伝説 BOTW」以降のゲームは、示された自由度と無関係ではいられないだろう。
    特にオープンワールドを世界に広めた「GTAIII」を世に生み出し、その後もトップであり続ける「GTA」シリーズ、
    そして西部劇の世界をオープンワールドとして表現した「RDR」を作り出したRockstar Gamesがどのようなオープンワールドを見せてくれるか、
    注目せずにはいられない。崖や壁と言った要素もただの「ゲームとしていけない部分」では許されない。
    たいまつを振り回せば下生えに火がついたり、物理的な要素もより高度になるだろう。


    【「ゼルダの後に出てくるRDR2では崖や壁もただの「行けない部分では許されない」←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ